NMN摂取で若い肌をつくる

NMNはNADの前駆体として発見された物質ですが、NADは長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子を活性化することも分かってきています。そしてもう一つ、ミトコンドリアが細胞内でエネルギーを作り出すときにはNADが必要であるため、結果としてNMNを多く体に蓄えることは重要なことです。

細胞の中にはたくさんのミトコンドリアが存在しており、代謝を行っています。つまり細胞の働きが活発であれば、それだけ若々しくいられるのです。しかしミトコンドリアも加齢とともに減少していきます。一つ一つの細胞が工場に例えると、ミトコンドリアは工場で働く働き手です。栄養が届き材料が揃えば、しっかりとした細胞の役割を果たすことができるのです。細胞の代謝が活発になれば、細胞の再生や修復も活発に行われます。

肌を若々しくさせるためには、やはり肌細胞の活性化が何よりも大切です。そのためには肌細胞のミトコンドリアを活性化させること、NMNを減らさないように摂取すること、そして肌細胞への栄養を体の内外から摂取することの3つがとても重要となります。この3つが揃うことで、若々しい肌が作られるのです。現在ではNMNサプリメントなども販売されていますので、アンチエンジンングを考えるならやはり若返りの成分と言われているNMNを上手に取り摂取するようにしたいものです。

参考サイト〔NMNサプリメント販売|NMNソーマ