アンチエイジングにNMN

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は、アンチエイジングとして注目の成分であり、世界中の女性に注目されています。NMNは寿命を延ばす効果や、老化をできるだけ遅らせるなど、まるで夢のような働きが研究によって発見されているのです。そしてNMNの凄い働きはまだまだ分かっていない部分も多く、研究が続けられています。

若返りの成分という別名まで付いているNMNは、若返りだけでなくさまざまな病気の予防にも期待できると考えられています。不老不死の薬は何千年も前から、ずっと求められてきたことであり、とうとうNMNはその世界に足を踏み入れたと言えそうです。

誰もがいつまでも長生きしたいという願望を持っており、生きているからにはいつまでも若いままでありたいと思うのも当然です。特に女性はいつまでも若いときのままでいたいと思っているはず。そんな夢のような成分がとうとう発見されたのです。2011年にアメリカのワシントン大学医学部において、今井眞一博士のチームによって発表されました。

NMNはわたしたちの体内でも生成されている物質ですが、加齢によってその生成はどんどん落ちていきます。老化によって見た目の衰えだけでなく、いろいろな健康被害が出てくるのも、このNMNの生成が低下することと関係があることも研究で解明されています。そして長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子とも、深くかかわっていることも解明されてきているのです。