NMN摂取で若い肌をつくる

NMNはNADの前駆体として発見された物質ですが、NADは長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子を活性化することも分かってきています。そしてもう一つ、ミトコンドリアが細胞内でエネルギーを作り出すときにはNADが必要であるため、結果としてNMNを多く体に蓄えることは重要なことです。

細胞の中にはたくさんのミトコンドリアが存在しており、代謝を行っています。つまり細胞の働きが活発であれば、それだけ若々しくいられるのです。しかしミトコンドリアも加齢とともに減少していきます。一つ一つの細胞が工場に例えると、ミトコンドリアは工場で働く働き手です。栄養が届き材料が揃えば、しっかりとした細胞の役割を果たすことができるのです。細胞の代謝が活発になれば、細胞の再生や修復も活発に行われます。

肌を若々しくさせるためには、やはり肌細胞の活性化が何よりも大切です。そのためには肌細胞のミトコンドリアを活性化させること、NMNを減らさないように摂取すること、そして肌細胞への栄養を体の内外から摂取することの3つがとても重要となります。この3つが揃うことで、若々しい肌が作られるのです。現在ではNMNサプリメントなども販売されていますので、アンチエンジンングを考えるならやはり若返りの成分と言われているNMNを上手に取り摂取するようにしたいものです。

参考サイト〔NMNサプリメント販売|NMNソーマ

マウス臨床試験でここまで解明された

若返りの成分と言われているNMNは、さまざまな研究によっていろいろなことが解明されています。まずアメリカハーバード大学の研究チームによる実験では、驚異の結果もたくさん出ているのです。その中の一つ、マウスの臨床試験では生後22カ月のマウスにNMNを1週間摂取したところ、筋肉の細胞がなんと生後6カ月程度まで若返ったのです。マウスの生後22カ月は人間では60歳程度であり、生後6カ月は人間では20歳程度と言われています。つまり60歳の人がNMNを摂取して、20歳に若返ったという夢のような結果なのです。

そしてマウスの臨床試験では寿命も約16%も伸びました。現代の人間がもし寿命が16%伸びたとすると、私たちの平均寿命が100歳を超えることになるのです。そして寿命が延びる原因の一つには、病気を克服するパワーが備わるということもあります。

マウスの臨床試験では、糖尿病のマウスに1週間NMNを投与すると、血糖値が正常に改善されたとのこと。このように若返りという驚異的な効果だけでなく、病気に対してもまだまだ素晴らしい効果が発見されるはずです。それによって病気にも打ち勝ち、100歳を超えるまで長生きすることが、夢でなくなる日も近いと言えるのではないでしょうか。

アンチエイジングにNMN

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は、アンチエイジングとして注目の成分であり、世界中の女性に注目されています。NMNは寿命を延ばす効果や、老化をできるだけ遅らせるなど、まるで夢のような働きが研究によって発見されているのです。そしてNMNの凄い働きはまだまだ分かっていない部分も多く、研究が続けられています。

若返りの成分という別名まで付いているNMNは、若返りだけでなくさまざまな病気の予防にも期待できると考えられています。不老不死の薬は何千年も前から、ずっと求められてきたことであり、とうとうNMNはその世界に足を踏み入れたと言えそうです。

誰もがいつまでも長生きしたいという願望を持っており、生きているからにはいつまでも若いままでありたいと思うのも当然です。特に女性はいつまでも若いときのままでいたいと思っているはず。そんな夢のような成分がとうとう発見されたのです。2011年にアメリカのワシントン大学医学部において、今井眞一博士のチームによって発表されました。

NMNはわたしたちの体内でも生成されている物質ですが、加齢によってその生成はどんどん落ちていきます。老化によって見た目の衰えだけでなく、いろいろな健康被害が出てくるのも、このNMNの生成が低下することと関係があることも研究で解明されています。そして長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子とも、深くかかわっていることも解明されてきているのです。